date: 2010年07月16日

subject: 涼を映す、夏ごろも

from: 樺澤貴子



関東はようやく梅雨明けを迎えます。皆様、すっかりご無沙汰してしまい、すみません。このところ、休みなく働き詰めで、お稽古さえ行けず、当然きものを着ることもなく・・・。今日はやっと話題になることが見つかったので、暑中お見舞い代わりに一筆。

実はつい先日、京都へ行ってきました。取材相手と同行した一泊の出張だったため、ロケバスの中から、祇園祭の準備に沸き立つ京都の町並みを眺めるのが精一杯。それでも、一日目のロケが終了した夜だけは、皆でゆっくりとご飯が食べられると目論み、これを利用しない手はない!と思いました。しばらくきものを着ていないので、「夏きものもいいなぁ」と思いながらも、取材相手の方の希望で床を予約したため、川風を感じながらの食事であれば、かえって浴衣の開放的な気分が楽しめると判断。どうせ浴衣にするなら、取材相手やスタッフの分も用意して、皆で楽しみたいと考えました。

どんな浴衣にしようかあれこれ迷った挙句、床でのお食事なので水辺のモチーフのものをチョイスしました。

100716-1.jpg100716-2.jpg
左:白地の綿絽に千鳥のシルエットを大胆に配し、小さな千鳥が軽やかに飛び交う図柄。ミントグリーンのイカット調の半幅帯を合わせて。右:濃紺地の綿絽に流水と団扇を染めた一枚。団扇のなかに描かれた萩や桔梗などの秋草が涼やかな夏の風情を映します。半幅帯は木綿地の独鈷柄。浴衣はどちらも竺仙のものです。

100716-3.jpg
カメラマン君には、きゃっちりとした印象の格子柄を。一人で着てもらうために、帯は兵児帯にしました。浴衣、帯ともに銀座伊勢由のものです。


お着替えした様子は、こんな感じ。お運びの方に写真をとっていただいたので、ブレブレでなんだかわかりませんが・・・(笑)。
100716-4.jpg

手軽に浴衣を纏っただけなのに、何ともいえない心のゆとりが生まれました。大きな気分転換をもたらしてくれた、きもの(今回は浴衣でしたが)って、やっぱり私にとって大切な存在なのだと改めて気づかされたひとときでした。

そして、ご一緒にお食事を楽しんだ京都のマダムは、このとおり、とても素敵な夏きものの装い。夜のお食事会ということで、白地のきものにパステルピンクの帯を合わせた、ふわりと優しさが薫るコーディネートでした。

100716-5.jpg100716-6.jpg
帯は抽象的に意匠化された花火の柄。そして、半衿にはお茶目にもビールジョッキと枝豆が染められていました!


来週こそは、お茶の稽古できものを着るぞ!と小さく決意した夜でした。植田さんや佐藤さんは、どんな夏ごろもでお過ごしですか?
COMMENT
POST A COMMENT
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

TRACKBACK
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。