date: 2010年05月17日

subject: 盛夏の茶席のきものをつくりたい(その1)

from: 植田伊津子



今年の春は肌寒い日々が続いていますね。いつものこの時期でしたら、Tシャツでもよさそうなのに、今年は上着が手放せません。きものにしてもゴールデンウィークを過ぎたら「暑い暑い」と言って単衣を着はじめますが、今年はいまだ袷にも袖を通しています。
きちんときものの歳時記どおりの温度で過ごせる年が少なくなっているだけに、今年の涼しさが際立ちますね。どうしたのでしょうか。

さて、前回の佐藤さんの足袋の写真。一瞬「わたくしの足袋じゃなかろうか?」と思いましたよ。

わたくしの場合は左足の親指にまず穴が空いて、かかと、脇などがほころびてきます。だいたい足袋は12、3足ほどのストックを日常使いにしていて、繕っている足袋はそのうちの半分ぐらい。それらはお茶のお稽古に用いています。

お茶のシーンでは足袋を酷使しますから、佐藤さんと同様、少し前までは茶会のスタッフなどを担当したら、1日で親指部分が薄くなっていました。
けれど、ここしばらくは穴の空く間隔が長くなったような気がします。

わたくしの場合、正座のときに左足を下にするクセで、畳に当たる左親指の部分が擦り切れていたのですが、頻繁に右足と左足を入れ替えるよう意識しはじめました。
そして親指の爪の研ぎ方。指に添うかたちにヤスリをかけて、親指の先がなるべく丸くなるようにします。結構、コレ重要です。

それと洗濯では、力任せにゴシゴシとこすらないために、前晩から濃いめの洗濯液につけ置きするよう気をつけています。力が余っているわたくしは、つい足袋を息子の運動ソックスみたく洗っていたのですが、それを改めたのです。これだけで繕う回数がずいぶん減りましたよ。

ツギのやり方は、わたくしは当て布を使いません。
木綿のカタン糸を二本どりにして、穴が空いたところに経糸をつくり、その次に緯糸を編むようにして針を動かして、その部分に「布地」をつくっていく感じの方法です。時間はかかりますが、当て布をするよりきれいに仕上がるんですね。


さて今日は、盛夏のきもののお話。「こんな感じのものが欲しいのだけれど……」という相談が寄せられました。

《7月》
長襦袢→暗い感じの色(青系)でかもめを飛ばす。
きもの→白系の明るい感じの色目で波と雲を配置。
※2枚重ねると海の景色ができるもの。
※帯は手持ちのもので、楓の葉の模様(白系)を合わせる予定です。
《8月》
長襦袢→白系の地色にして秋の虫を描いたもの。
きもの→黒系の暗い感じの色目。模様は花が少なめの秋草。
※重ねると秋の野の景色に。秋草は琳派風がいいのかなと思ったりしています。
※帯は手持ちのもので、花の多い秋草の白系統を合わせたいです。

どちらとも、一応、訪問着ではなく付下ぐらいを考えていて、一つ紋を付けたほうがよいか、付けるとしたらどんな紋にするかを考え中です。

こういった着物と長襦袢のセットが欲しいのですが、「探すより誂えるほうが早いのかな」「そろそろ誂えも試してみたい」とも思ったり……。けれど、誂えのお値段をはじめ、どこに頼めばいいのかが分からなくて困っています。
また私の着物の場合、基本は茶席で使えることなのですが、根本的にこれはそういうシーンに使っても大丈夫なのかな? というのが疑問なのです。

これらを使うのは、
・それほど改まらない茶事の客側
・大寄せ茶会や気軽な茶事の亭主側
・少し改まった大寄せの茶会の客側
というシーンで着用することが多いと思われます。

地域としては全国区対応がのぞましく、とくに京都でも大丈夫かな、という点も大切です。
なお私は現在36歳で、盛夏の着物は必要ですが出番が少ないので、いったん着物をつくったら、それを90代まで着続けたいと考えています。

生地については一応絽を考えています。ただ絽といっても色々あるみたいですし、地紋があるなら全面的に模様を描いてもらわなくても、色無地で似たようなものができるのかな、と想像いたします。
盛夏の着物、しかも茶席のきものについて情報が少なくて判断をしかねています。ご意見よろしくお願いいたします。


なるほど、よくわかりました。
ちょっと長いご質問なので、答えも長くなりそうですから、本件に関しては明日もまたサイトを更新します(続く)。
COMMENT
なるほど研ぐのはすごく大事なかんじがします。さっそくやってみます。
そして糸だけでツギをいれるのですね。おおお〜。それはまったく考えつかなかった。
できればその部分のアップの写真を拝見したく。。。
どうかお願いいたします!
Posted by 佐藤文絵 at 2010年05月17日 20:55
盛夏のお茶事お茶席自体最近少ないですね。
朝茶のほうが多いのでは?
朝茶となると露に濡れてもいい麻でもいいのです。

36歳〜90代までという発想はどうでしょう・・・。
キモノにも流行があります。
逆算すると昭和30年ごろのキモノを今着るというのに等しいのですが、どうがんばっても昭和の香りがするので 古臭いイメージになります。
それに染めの着物はどうしてもヤケます。肩のあたりと袖山。とくに盛夏は。

ご希望のお着物もお襦袢も既製品ではムズカシイでしょう。私は京都の某友禅やさんでお誂えしてますが、たしかに既製品にないものを作っていただけます。
付け下げと訪問着では柄付けが違うのでお値段もかなり幅がありますが、柄やボカシが少なくても最低両手くらいはかかりますよ。
Posted by at 2010年05月17日 23:13
上のコメントを送られた「名無しの権兵衛」さん。
どういう意図で、名前を名乗らずにコメントをされていますか。

本日サイトにアップした質問は、あなたに寄せられたものではありませんよ。わたくしたちが何もまだ答えていない以上、先んじて質問に答えるのはマナー違反です。

Posted by 植田伊津子 at 2010年05月18日 00:24
POST A COMMENT
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

TRACKBACK
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。