date: 2010年04月26日

subject: 一衣舎春展・東京

from: 植田伊津子



皆さまお久しぶりです。われらは元気にしています。

さて、読者の方からのご質問があれば、それについてもオープンに考えていきたいと思いますけれど、これからしばらく、こちらのブログにわれら3人のきもの雑記をつれづれにアップしていくことになりました。

おそらく、ときどき、かなりの確率でマニアな話になるような気がします。いわば、われらの裏メールのやりとりをこちらの表舞台に出そうということなんですが……。

まずは、わたくし植田の週末。
恒例のお茶のお稽古日には、一衣舎さんの個展の初期頃につくった館山唐桟(たてやまとうざん。千葉県指定伝統的工芸品)の木綿のきものに袖を通しました。この時期になるとひんぱんに袖を通している定番ものです。

100425-01.jpg100425-02.jpg
わたくしはこのきものを勝手に「息吹」と名付けています。頬をすりすりしたくなるほどのやわらかな地合。アンティークのバテッィク帯(灯屋2)を合わせていました。

※アンティークモールにあった灯屋2銀座店が移転とのご案内をいただきました。銀座中央通りに引っ越しされるようです。今日4/26〜5/4まで、銀座店移転感謝セールで全品30〜50%引きですって。わたくしものぞこうっと。



しなやかな細い糸で織られていること、一衣舎さん独特の絹地の総裏仕立てが裾さばきをよくしてくれますので、木綿といえど木綿にあらずといった風合いです。ところで、木綿のきものについてよく尋ねられる質問があります。

「膝が出ませんか?」→「やっぱり出ちゃいますねー」
「裾さばきがよくないのでは?」→「そのとおり」
「使いにくいですか」→「木綿以上でも木綿以下でもなく木綿そのものですから、価格の安さ、自分で始末できる手入れのし易さなど……使われる方の『どうしても譲れない部分』が何かによって見方は違います。その方のお好みですね」

と、上記のような御返事をするのが多いわけですが、この一衣舎仕立ての館山唐桟は別物。
「植物染料で染めて手織りした後、砧で布を打ち、しなやかさを生み出します。手間もかかっていて、木綿とはいえないほどの光沢。……けれど、このぐらいの木綿ならば、紬と同レベルに使用しても遜色がなく、かなり役立つことは請け合いです。私はお稽古以外のお出かけにも使用しています。」と去年のブログにこう書きました。

さて、その一衣舎さんの東京・春展が27日からはじまりますね。昨年と同様の千歳烏山の寺町通りの妙壽寺さんで開催されます。
わたくしは、今から一衣舎さんのHPを見て、新作が楽しみでなりません。

100425-03.jpg

それにそれに、今年は「一衣舎流・お茶のきもの」を提案するとのこと。一筋縄ではいかない木村さんの気質ですから、どんな作品をアプローチされるのか、個人的にも興味深いです。

-------------------

2010年 一衣舍春展

会期 2010年4月27日(火)〜30日(金)
時間 11時〜18時(最終日は16時まで)
会場 本覺山 妙壽寺 鍋島客殿(区指定文化財)
   東京都世田谷区北烏山5-15-1
電話 03-3308-1251


※昨年わたくしがこちらの春展でこしらえたものに、王上布の長襦袢があります。丈夫な絹地の総裏をつけてもらい、臀部の負担に耐えられる仕立てをお願いしたのでした。昨年の後半、ずいぶんハードにこれを着続け、また自宅で洗濯も実行。快適なことこの上なしでした。
体温調節に優れた絹。それも自宅で洗える扱いやすい絹。そして丈夫な仕立て。それに出会えるのが一衣舎で扱う長襦袢地です。おそらく今年の春展にはこれら定番商品も並ぶでしょう。
COMMENT
ご無沙汰してます。初めてコメント致します。
一衣舎さんって、面白そうなところですね!
ぜひ一度覗いてみたいと思いました。
灯屋さんも遊び行った事があるのですが、
楽しいものが沢山でした!
いろいろと勉強になりますね。
Posted by 結城宮ア at 2010年04月28日 10:05
結城宮崎さん、こんにちは。
もしかして、わたくしが存じ上げている、あの宮崎さんでしょうか? 違っていたらごめんなさい。

一衣舎さんはとてもおもしろい和裁士さんだと思います。東京展は一年に一度の開催ですので、よろしければ、この機会にぜひ御覧になってみてください。
Posted by 植田伊津子 at 2010年04月28日 10:32
植田さん、昨日は一衣舎展でお目にかかれて何より嬉しかったです。長襦袢については、熱く語って頂き有難うございました!うふ・笑
Posted by みにひつじ at 2010年04月30日 14:04
みにひつじさん、先日はお目にかかれて幸いでした。ついつい熱く語ってしまいましたね(^_^;)。

「黙して語らず」という人間に憧れてはいるものの、ブログの文章も長ければ、話も長いとは、皆から指摘されるところです。ご容赦ください。
Posted by 植田伊津子 at 2010年05月01日 10:49
POST A COMMENT
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

TRACKBACK
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。