date: 2009年12月18日

subject: アップヘアに便利な道具

from: 樺澤貴子



佐藤さんの紬に対する想い、とても共感できます。私も手仕事の温もりを感じる物はきものでも、器でも、暮らしの道具でも・・・大好きです。そして、それに携わる人々を取材することは、自分のライフワークにしていきたいと常々感じています。

さて、今回は植田さんの前にちょっと割り込ませていただきました。というのも、11月24日の私の記事にコメントを寄せてくださった方へのお返事が遅くなってしまい、お詫びも兼ねて、ご質問のお答えをさせていただきたいと思います。

質問は、「ようこ」さんからの下記の内容でした。

髪型・・・いつも悩ましいです。着付けよりも髪型を決めるのに時間がかかるほどです。ぜひ、うまく決めるコツや道具などをご紹介いただけるとうれしいです。また、簪をどううまくとめたらよいのか、教えてください。一目ぼれで買ってしまった簪がいくつかあるのですが、下手につけると落ちてしまいそうで、いまだに眺めるだけなのです。


これには私も同感。今は、髪を切ってしまったので、髪がまとまらないというストレスから解放されていますが、以前はまとめ髪に手間取り<髪型20〜30分・着付け10分>というアンバランスな配分でした(笑)。そんな私のお悩みヘア・ライフに、植田さんが便利なGOODSをご紹介くださったのが今年のはじめ。この1年間、とっても助けられました。今日は、皆さんに私が植田さんから教わった、便利なまとめ髪アイテムをご案内させていただきます。

【まとめ髪用コーム】
おすすめは、このリトルムーンのEコーム1本とU字ピン2本がついた「お手軽セット」。私はそれに「コーム6本櫛」を足した、4点を愛用。
091218-1.jpg

◆Eコーム◆
3本足の独特な構造によって髪のホールド感が高く、ある程度髪の長さがある方ならこれ1本できれいな夜会巻きが形づけられます。偶然、佐藤さんも同じタイプをお使いでしたね。
091218-2.jpg

◆コーム6本櫛◆
実は最初に購入したのは「お手軽セット」のみ。私が最初にこのセットを購入したときには、襟足の髪が4〜5cmと短めだったため、Eコームだけでは固定ができませんでした。そこで、買い足したのが6本櫛のコーム。Eコームで留めた後に、襟足の短い部分の髪を6本櫛のコームで夜会巻きの内側に押し込むだけで、きれいに後れ毛が収まります。
091218-4.jpg

◆U字ピン◆
最後に形を安定させるために使うのがU字ピンです。通常薬局などで購入できる細いタイプではなく、ある程度の太さと長さが7.5cmあるため、上部にはみ出した毛先を収めるのに、かなり安定性があります。また、両軸のウエーブ状の構造によって、髪への留まりがよいことも特徴。通常のU字ピンを使った場合、お辞儀をした時などにスルリと抜けてしまうケースがありましたが、そんな心配もありません。
091218-3.jpg

【簪を固定する】
簪を固定する場合には、前述のU字ピンが便利です。ピンの先端が丸みのある処理を施されているため、簪を傷つけないこともメリット。また、これらのセットを購入するまでもない場合は、通常のU字ピンを写真のように片方だけ折り曲げます。一度、奥まで差し込んでから、ちょっと戻す(抜く)ように使うと、折り曲げた側が髪に引っかかり固定されます。ちなみに、この折り曲げ式のU字ピンは前髪を固定させるときなどにも活躍します。
091218-5.jpg

【逆毛のポイント】
きものを着たときには、後頭部に高さを出すことで、全身のバランスがよく見えます。その後頭部というのは、鼻先と耳の上部を結んだ延長線の部分です(図のA)。ですが、なかなかうまくはいきませんでした。先日、ヘアをカットしてくださった美容師さんに、その旨を告げると、逆毛を立てる位置が間違っていることがわかりました。
091218-8.jpg091218-9.jpg

逆毛を立てる正しい位置は、左右の耳を結んだライン上(図のB)。意外にも前側であることに驚きましたが、実際にトライしてみると、Bの部分で逆毛を立てて櫛で馴染ませることで、サイドから見るとAの部分がふわりと膨らんで見えるのです。このポイントは、アップヘアの方にも、ショートやボブヘアの方にも共通して言えるので、ぜひお試しください。

そして、逆毛を立てるなら、できるだけ目の細かいコームを選ぶこともポイントです。私のコームは「本つげ」と書いてありますが、100円ショップで求めました(笑)。また、最終的にスプレーをかける前に、前髪やサイドの張りを固定するのには、写真右のようなコームが便利。
091218-7.jpg091218-6.jpg

左:コームにセット用のスプレーを吹きかけて逆毛を立てると、逆毛のボリュームがヘタりません。しかも100円ショップの櫛なら、惜しみなく水洗いできます。右:最終スプレーの前に、コームで仮留めする技も植田さんから伝授していただきました!もちろん100円ショップで見つけたもの。意外にきものヘアに使えるアイテムが揃っていますよ〜。



最後に、「ようこ」さん、「はな」さん、コメントにお返事をするのが遅くなって、本当にすみませんでした。
では、植田さんの回を楽しみにしていますね〜♪




COMMENT
丁寧なご説明、ありがとうございました。
リトルムーンのコームは実は私も持っています。が、うまく使えていませんでした(涙)。道具が悪いと思っていましたが、どうも使い方がよくわかっていなかったようです。今回説明いただいたので、もう一度チャレンジしてみます。お正月には、素敵に、かつ手早くまとめることのできた髪で、初釜にいきたいという野望に火がつきました!
Posted by ようこ at 2009年12月18日 18:03
ようこさん

お役に立ててよかったです。
お答えが遅くなって、本当に失礼致しました。
ぜひ初釜までに試してみてくださいね。

Posted by 樺澤貴子 at 2009年12月20日 11:51
ひとつ質問させてください。
コームにセット用のスプレーを吹きかけて逆毛を立てると、逆毛のボリュームがヘタりません・・・とのこと、なるほど!
今度ためしてみたいと思います。
この場合のスプレーは“最終スプレー”でよく使用されるハード系のものをお使いですか?
Posted by 佐藤文絵 at 2009年12月23日 10:46
佐藤さん

コームに吹きかけるスプレーは、私はケープの「ナチュラル&キープ」(緑のボトル)を使っています。これなら、ガチガチにならないので、ちょっと失敗してもコーミングで元通りになります!プロのヘア&メイクさんがやっているのを真似てみたら、意外にも素人でもうまくいったという裏技です。お試しくださいませ〜。

樺澤
Posted by 樺澤貴子 at 2009年12月28日 08:29
POST A COMMENT
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

TRACKBACK
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。