date: 2009年09月27日

subject: 帯締め帯揚げの愉しみ

from: 佐藤文絵



うーん。さすがチャレンジャーな植田さん、いろんなタイプの帯をお持ちです。インカ文様から御所解まで、一人のひとのものでないみたい。偏食な私からするとバリエーションの幅がうらやましいです。日によってイメージががらりと変りそうですよね。

連休は実家に帰り、いつもどおり母ときもの談義に花を咲かせていました。母も私も今回はじめて気づいたのですが、母の帯にはやたらとベージュが多いんですね。こんなふうです。

090926_01.jpg

偏ったワードローブは、やはり親子というべきか。わたしの白帯コレクションにさらに輪をかけたよう(笑)。
ただベージュというのは、白と同じように使いやすい色ですよね。合わせやすく、品がよい。年齢を重ねると白は少し強すぎるということもあると思います。半襟を真っ白から生成りやうすベージュへ変えていくように、ゆくゆくは帯もこんなふうに白からベージュへと傾けていくことになるのでしょうか。

090926_02.jpg090926_03.jpg
左=ほぼ無地のざっくり系ベージュ帯3本。左から、九寸なごや・八寸なごや・袋。右=こちらはどれも袋帯。



さて今日は帯締め・帯揚げの話。きものと帯を合わせながら、あれでもないこれでもないと小物を選ぶ時間はきもの好きにとってもっとも幸せな時間ではないでしょうか。
小物合わせには、きっと誰でも自分なりの法則のようなものがあろうと思います。乗せてみて、感覚で選ぶというのが基本だけど、徐々に自分のくせというか、一定の法則のようなものがみえてきました。改めて考えてみると、私の場合はこんな法則があるようです。

【その1】
帯揚げと帯締めは同色にしない

【その2】
主張の強い帯には、帯にとけこむ帯締め、もしくは帯揚げを合わせることが多い

【その3】
反対色などの差し色を効かすなら、帯締めより帯揚げで

【その4】
うすクリーム、うすベージュ、うすグレーなど、
真っ白ではない白系の帯締めはかなりオールマイティ

【その5】
ただし普段着オーラを出したいときは、白系の帯揚げ・帯締めを使わない


具体的にいうと・・・。

090926_08.gif

Case1は実際によく合わせている組み合わせですが、“帯揚げを帯にとけこませる”パターン。帯締めは白系=うすグレーの帯締め。きれいな色のきものには、小物合わせで作為を加えることなく、きれいな色をそのまま味わいたい気がします。

Case2は“帯締めを帯にとけこませる”パターン。逆に帯揚げを白系に。濃い色のきものはすっきり着たい。白系の帯揚げを合わせると、コントラストがはっきりして、それでいて爽やかで、ほどよいアクセントに。

Case3のきものは中間色の地味目の色。差し色を使って遊びたい気分です。帯揚げを差し色にしました。白系の帯締めだとすっきり。他のしっかりした色の帯締めに変えれば、より普段着らしくなるかな。

090926_04.jpg090926_05.jpg
左=今日のシミュレーションはパソコン上でやってみたので、カラーパレットから自由に色を選ぶことができました。でも何でもできると逆に迷いますね(笑)。実際のパレットはこんな感じ。右=白に近い色の帯締めは、ホントに出番が多いです。



さて、帯締めといえば私はほぼ冠組ばかり使っています。きゅっと締まる心地よさは代え難く、何よりシンプルで大好きです。だけど時には冒険もしてみたい。本当に力のある帯には、冠組では頼りなく思うこともあります。
これぞという帯には、使いまわしができなくてもいいから、帯に見合うほどの存在感のある帯締めを合わせてあげたいのですが、これは今後の課題。今は道明さんが送ってくださる綺麗な写真を眺めてイメージトレーニングしています。
九月も終盤ですが、おふたりの帯締め帯揚げ話もぜひおきかせくださいね。

090926_06.jpg090926_07.jpg
左=大好きな唐織にはどんな帯締めが合うでしょうね。そのうち帯を持参して道明へ行かなくては…。右=眺めているだけで楽しい道明のミニカタログ。糸見本も同封してくださいます。有難いですよね。大事に保管しています。

COMMENT
白系の帯締めのバリエーション、素敵です。小物は個性のある強い色が好きなのですが、このような白のバリエーションもすっきりして、帯の個性を際立たせてくれますね。微妙な色加減で、何色も欲しくなります。

帯締め・帯揚げのカラーシミュレーション、箪笥の前での組み合わせは、着物選びの大きな楽しみです。
佐藤さんの仰るとおり、カラーパレットのようにいくらでも色が選べると迷いそうです。でも、こんなシミュレーションツールがあったら、着物好きにはたまりません。イメージトレーニングで、夜眠れなくなりそうです。
Posted by あーりー at 2009年10月01日 13:25
小物選びは本当に楽しいですよね。帯揚げ帯締めで本当にきものや帯の印象が変ることに、いつもながら驚かされます。

帯揚げ帯締めシミュレーションソフト、ほしいですね(笑)
今回はイラストレーターでちょこちょこやっていたのですが。誰か作ってくれないかなあ。そんなに難しいものではないはず!
Posted by 佐藤文絵 at 2009年10月05日 14:37
帯締めの選び方です
いつもは一人外出ですので、気にしないのですが
30人ほど集まる会なのでご意見を聞かせてください
大島の着物に、名古屋帯、色からすると手持ちの
平帯がいいのですが、帯に合わせて丸帯しめのほうが
使い方としては正しいのでしょうか?
よろしくお願いします
Posted by 小渕啓子 at 2013年03月14日 08:56
POST A COMMENT
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

TRACKBACK
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。